東京・横浜グルメ散歩日記👣

~40代がに股んたぼが東京・横浜のグルメ散策、たまに妊活するブログ~

両国駅【寿司・ランチ】『つきぢ神楽寿司 両国江戸NOREN立ち食い店』で江戸前寿司伝統の赤酢を使用した毎朝豊洲市場直送の新鮮なネタの寿司を食べに行って来た!寿司セットは900円から!

両国にある江戸東京博物館を訪問した後に、『つきぢ神楽寿司 両国江戸NOREN立ち食い店』に遅めのランチを食べに行きました!

本当は、東京駅あたりでご飯を食べようと思っていたんですが、JR両国駅に行くと

気になるお寿司屋さん発見!!

駅徒歩30秒くらいの距離の場所です。

f:id:ayayacha:20190825161601j:plain

 

店名:つきぢ神楽寿司 両国江戸NOREN立ち食い店

住所:東京都墨田区横網1-3-20 両国江戸NOREN

交通手段:

JR総武線両国駅】西口 徒歩1分
都営地下鉄大江戸線両国駅】徒歩8分

両国駅から103m

営業時間:火曜〜日曜 11:00〜15:00、17:00〜21:00

HP:https://tukijikagura.jp/store/kagura-sushi-ryogokutatikuiten

 

つきぢ神楽寿司の入り口に「江戸前寿司伝統の赤酢を使用」との文字が書かれていました。

毎朝、豊洲市場直送の文字も気になります。

f:id:ayayacha:20190825161631j:plain

握りセットもお得な値段です。

海鮮丼 900円

1人前 900円 9貫+手巻き

1.5人前 1200円 12貫+手巻き

海苔椀 100円

f:id:ayayacha:20190825161619j:plain

ここは、先に食券でチケットを購入するシステムでした。

お茶やお水等もセルフサービスです。

f:id:ayayacha:20190825172405j:plain

立ち食いの場所もありますが、カウンター席もあります。

f:id:ayayacha:20190825172356j:plain

江戸前寿司と言えば赤酢。

酒粕を熟成し、5年の歳月をかけ完成する赤酢は、江戸時代から使われている寿司酢。お酢特有のつんとした尖りが少なく、口の中でほろっと解ける赤酢のしゃりは素材の味を一層引き出します。
江戸東京の歴史を見学した時に、江戸のお寿司についての説明等がありました。
その味を体験できる!
メニュー数はそんなに多くありませんが料金は、とても良心的で安いです。

夫と一緒に、1.5人前 1200円 12貫+手巻きを注文しました。

f:id:ayayacha:20190825172418j:plain

1.5人前 1200円 12貫+手巻き

わぁー!すごいです!

イカは、塩がまぶしてあります。

1個の鮪は、漬け鮪が使用されています。

f:id:ayayacha:20190825172426j:plain

新鮮なネタです。

シャリは、赤いです。

f:id:ayayacha:20190825172453j:plain

ガリも足りなくなると、店主がお皿にいれて下さります。

食べ終わったかなという時に、さらに3貫が投入されました。

f:id:ayayacha:20190825174006j:plain

このお値段で、この量は、すごい!

しかもネタは、どれも新鮮で美味しいです。

f:id:ayayacha:20190825172513j:plain

食べ終わった頃に、手巻きが登場します。

店主さんから手渡しです。

ありがたいです。

f:id:ayayacha:20190825174010j:plain

海苔椀 100円

こちらもアツアツに温めてくれて美味しかったです。

f:id:ayayacha:20190825174012j:plain

他にも店舗があるようなので、ぜひまた行きたいです。

本当に、美味しくてビックリしました。

スポンサーリンク