東京・横浜グルメ散歩日記👣

~40代がに股んたぼが東京・横浜のグルメ散策、たまに妊活するブログ~

三重県桑名市【PA】湾岸長島PA(パーキングエリア) 下り (大阪・伊勢方面)は足湯・レストラン・売店ありで大満足のPAでした!

伊勢湾岸自動車道【湾岸長島パーキングエリア 下り:大阪・伊勢方面】に寄りました。

湾岸長島パーキングエリアは、三重県桑名市に位置しています。 

ここのPAは長島温泉のすぐ隣にあり、遊園地が目の前に見えます。

 

【基本情報】
住所:三重県桑名市長島町松蔭393-2
電話番号:0594-45-8588
駐車場:大型 144台・普通車 63台
営業時間:

売店7:00~22:00

スナック:7:00~22:00(LO21:30)

レストラン:11:00~21:00(LO20:30)
休業日:無休
トイレ:施設外(24h使用可、バリアフリー対応トイレ有)
EV 充電施設 有

 

桑名名物「安永餅」が販売されています。

f:id:ayayacha:20190503170327j:plain

つぶ餡の入った細長く伸ばしたお餅です。

1つ1つ丹念に焼きあげられています。

ほのかな焦げ目のある白いお餅です。

f:id:ayayacha:20190503170313j:plain

人工着色料、添加物は一切使用していません。

材料の餅米、小豆は全て国産を使用しています。

f:id:ayayacha:20190503170339j:plain

1本 120円(税込)です。

お餅がよくのびて美味しかったです!

f:id:ayayacha:20190503170300j:plain

有名な言葉に、『そのてはくわなのやきはまぐり(其の手は桑名の焼き蛤)』という言葉があります。

「食わない」と地名の「桑名」を言い掛けたもの。

焼き蛤は桑名の名物。

その計略にはだまされないぞ、の意を表す地口。 

 

それほど、桑名名産の蛤は有名でした。
桑名は、江戸時代の東海道五十三次の42番目の宿駅(桑名宿)だったのです。
伊勢国・桑名は江戸方面からの伊勢参りの道中に必ず通る宿場町。
十返舎一九(東海道五十三中膝栗毛)にも登場するくらいでした。
また古くからの水上の要だったようです。

お土産コーナーにも桑名名産として、蛤の時雨煮と共にアサリの時雨煮、シジミの時雨煮が並んでいます。

 

朝ご飯を食べます。

A定食を注文!

どて煮定食(あおさ味噌汁付) 750円

f:id:ayayacha:20190503170703j:plain

f:id:ayayacha:20190503170727j:plain

食券を購入します。

f:id:ayayacha:20190503170647j:plain

どて煮定食(あおさ味噌汁付) 750円

f:id:ayayacha:20190503171416j:plain

どて煮です。

f:id:ayayacha:20190503170753j:plain

f:id:ayayacha:20190503170803j:plain

 

私は入ってませんが、湾岸長島パーキングエリアで見逃せないのが足湯です。

長島温泉の源泉を利用しているので肌がスベスベになると評判で、ドライバーはもちろん、観光バスの団体客でも賑わう人気ぶりです。

無料で利用できるため人気も高く、営業中は上下線ともにたいへん賑わっています。

※タオルはショップで100円にて販売。

客席数 上り:20席下り:16席

着替室 上り:3室下り:3室

営業時間 8:00~20:00

次回は、ぜひ入ってレポートしたいと思います!!

スポンサーリンク