東京・横浜グルメ散歩日記👣

~40代がに股んたぼが東京・横浜のグルメ散策、たまに妊活するブログ~

みなとみらい夢クリニック 凍結分割胚移植周期 1回目 ET20(D36) 移植後の通院 採血+内診+診察 胎嚢確認日

今日は、移植後3回目の通院です。

胎嚢確認の日です。

 

最初に、受付で助成金の申し込みのお願いをしました。

次回の診察までにはもらえるとのことでした。

 

つわりもないし、なんか、またダメな気がしちゃいます。

私、妊娠したらツワリが出るタイプだと思うんですよね。

でも、まったく出ない!

出産はしていませんが3度目の妊娠です。

ドキドキもしない自分が嫌。。。。
流れ作業みたいな感じで慣れてきてしまっている。
こんな感じだと流産なんだろうなぁとか。
心を守るためにも、期待はしないです。
 
採血+内診+診察です。
 
感染症の検査の期限が切れてしまったので、再度感染症の検査も行います。
またお金が飛んでいく~。
 
次に内診です。
今日の担当医の先生は、院長先生でした。
 
内診の時に
 
院長先生:『ここ見えるかな?これね、胎嚢ね。』
私:『あ....。子宮に着床してくれたんですね。』
 
次に診察室に呼ばれると
 
院長先生:『これね、胎嚢ね。大きさが3.7mmなのね。小さいから着床の時期が遅くなったのかもしれないね。β-HCG1268で伸びてきているしね。』
私:『小さいですね。』
院長先生:『そうね。次回の時にみてみよう。けいゆう病院で産みたいとかあるかな?けいゆうだと、すぐに一杯になっちゃうから、予約しないとダメなんだよね。』
私:『東京の方の病院で考えています。』
院長先生:『じゃあ、大丈夫だね。けいゆう病院は、ほんと、すぐにね、一杯になっちゃうから。予定日は、〇月〇日だね。』
 
下記の用紙を前回も頂いたと思うのですが、ブログに書いてないので分からず。

f:id:ayayacha:20190102232630j:plain

 
参考までに。

血中HCG基準値(mIU/ml)

4週:100~200
5週:2000~4000
6週:4,700~ 87,200
10週:6,700~203,400
20週:8,700~ 72,200
40週:4,000~ 79,000


前回も同じ時期に胎嚢4mmで小さくて、結局、流産になりました。

院長先生、言い方優しいなぁ。

着床の時期が遅れたのかもね。とか。優しさを感じます。

今回も、同じ流れの予感がしちゃうなぁ。

1度目の自然妊娠の時の流産では、心が慣れてなくて、お腹にいる子がいなくなることに耐えられなくて、嫌だ嫌だと泣いてばかりいましたが、2度目の体外受精での流産では心が慣れてしまった自分がいました。

1度目のショックが大きすぎたおかげで心が強くなれたんだと思います。

次回の診察は、14日後になりました。

その時に、結果が出ると思います。

次回まで、いつも通りに過ごしていきたいと思います。

 

採血での結果


E2:190

β-HCG:1268


診察代金

13,000円(10割負担、BHCG・E2・超音波の検査代金・感染症セット1)

 

今回からは、診療費明細も書いていこうと思います。

再診料:1000円

超音波検査:3000円

β-HCG:2000円

E2:2000円

感染症セット1:5000円

 

本日の合計:13,000円

 

凍結分割胚移植周期 1回目(通院日数:6日) 

合計金額:7,560円+3,560円+101,522円+3,240円+9,018円+1,3000円=137,900円

 

 

 

 
 

スポンサーリンク