東京・横浜グルメ散歩日記👣

~40代がに股んたぼが東京・横浜のグルメ散策、たまに妊活するブログ~

台湾旅行㉚【3泊4日】4日目 MRT國父紀念館駅すぐにある國立國父紀念館の衛兵交代式に行って来た!

マンゴーかき氷を食べた後に、國立國父紀念館へ。

國父紀念館は、忠孝と信義の2大ショッピングエリアのちょうど真ん中という便利な場所にあります。

MRT國父紀念館駅4番出口を出ました。

f:id:ayayacha:20180813112027j:plain

國父紀念館まで90mです。近くて便利ですね。

f:id:ayayacha:20180813112032j:plain

台北101が見えます。街のど真ん中ですね。

f:id:ayayacha:20180813112023j:plain

台北101

f:id:ayayacha:20180813112055j:plain

國立國父紀念館の地図です。

f:id:ayayacha:20180813112035j:plain

台北101がニョキっとしてます。

f:id:ayayacha:20180813112041j:plain

衛兵交代式を見に行きます。

f:id:ayayacha:20180813112107j:plain

f:id:ayayacha:20180813112114j:plain

中国革命の指導者であり、台湾の父とも呼ばれる孫文は、1869年に広州の農民の子として生まれました。

医者を目指し香港などで学びましたが、諸外国の侵略になすがままの清の政府に対する憤りと、貧困にあえぐ人々に対する悲しみから、革命家に転身しました。

ハワイ、日本などで革命家組織を結成した孫文は、1912年の辛亥革命の精神的な指導者となり、革命後には中華民国の臨時大統領に就任しました。

孫文が1905年に発表した中国革命の基本理念である「三民主義(民族の独立、民権の伸張、民生の安定)」は、現在の台湾政府の基本理念です。

民族路、民権路といった主要道路は、この三民主義にちなんで名づけられているらしいです。

中国では本名に加え「号」と言う呼び名を持つ習慣がありますが、孫文の号である「中山」を記念した中山北路や中山公園なども、台湾ではいたるところで目にすることができます。

台湾や中国で「孫中山」という名を目にしたら、それは孫文のことらしいです。

また、孫文の妻である宋慶齢は、台湾初代総統・蒋介石の妻である宋美齢と姉妹の間柄。ここからも台湾と孫文の強い繋がりが分かりますね。

f:id:ayayacha:20180813112118j:plain

メモリアルホールには、孫文のブロンズ像が鎮座しています。

像の高さは8.9メートル。

毎時ごとに開催される、衛兵交代セレモニーは必見です。

 

f:id:ayayacha:20180813111950j:plain

正面から撮影してみました。

衛兵交代は中正紀念堂、忠烈祠でも見ることができますが、衛兵と一緒に写真を撮ることを許可してくれるのはここ國父紀念館だけらしいです。

任務が終わって詰め所に戻る人にお願いをすれば、一緒に写真を撮らせてくれるそうです。中国語でかな。。。。

f:id:ayayacha:20180813111954j:plain

ざわざわしてきました。始まります。毎時やっているみたいです。

f:id:ayayacha:20180813112125j:plain

始まりました!

f:id:ayayacha:20180813112143j:plain

f:id:ayayacha:20180813112147j:plain

どこの衛兵交代式もピシっとしています。

f:id:ayayacha:20180813112151j:plainf:id:ayayacha:20180813112154j:plainf:id:ayayacha:20180813112202j:plainf:id:ayayacha:20180813112205j:plainf:id:ayayacha:20180813112209j:plain蒋介石が祀られている中正紀念堂に比べ、國父紀念館には比較的落ち着いた雰囲気が漂っています。華美な生活を嫌い、大統領になった後でも質素な暮らしを貫いたという、孫文の姿勢が現れているようです。

f:id:ayayacha:20180813112213j:plain

f:id:ayayacha:20180813112227j:plain

戻っていきます。

f:id:ayayacha:20180813112230j:plain

紀念館内には孫文の著作や直筆の手紙、書類といった、貴重な資料を集めた史蹟展示室や、蔵書数30万冊を誇る図書館、オーディオルーム、画廊など、孫文や中国革命に関するデータがここに集められています。

展示室では、入場無料の水墨画や書の展示会等が開催されているみたいです。この展示会、入場無料のことが多いみたいです。

f:id:ayayacha:20180813132641j:plain

台北にいる間に、衛兵交代式3か所を見て回ることが出来ました!!

 

 

スポンサーリンク