東京・横浜グルメ散歩日記👣

~40代がに股んたぼが東京・横浜のグルメ散策、たまに妊活するブログ~

元町・中華街駅【日曜日・横浜中華街ランチのハシゴ編①】慶華飯店(ケイカハンテン)に600円のえびワンタンを食べに行って来た!

みなとみらい線に乗車して元町・中華街へてくてく👣

海老ワンタンを食べさせてあげたいと言われ、親戚に連れられて 慶華飯店(ケイカハンテン)へ。

食べるためなら、どこへでも行きます!

 

お店が分かりずらかったです。

迷子になりました(笑)

大通りに平行する路にあるモダンな建物✨

一見、中華料理店に見えないモノトーンの入り口に、これといって看板らしいものもございません。

食通のあいだではかなり有名なので、黙っていてもエビワンタンが出てきてしまうほどの人気ぶりらしいです。

 

f:id:ayayacha:20180312205557j:plain

 

店名: 慶華飯店(ケイカハンテン)

住所:横浜市中区山下町150【広東道】

電話番号:045-641-0051

営業時間:11:30~15:00(LO14:30) 17:00~20:00(LO19:40) 

    :土日祝11:30~20:00(LO19:40)

    : 水曜日定休日

 

日曜日の開店の11時半と同時に入店。

30分もしないうちにほぼ満席です。

ちなみに、店内は広くないため基本的に相席です。

 

えびワンタン 600円を注文。他も魅力的です。

f:id:ayayacha:20180312204604j:plain

やきぶた御飯 600円も注文。

ここの通な人たちは、えびワンタン 600円+やきぶた御飯 600円を注文するらしい。

ならば先輩方の真似します!!

f:id:ayayacha:20180312204607j:plain

店内の座席は、こんな感じです。

コンクリートうちっぱなしのデザイナーズハウスみたい。

 f:id:ayayacha:20180312205554j:plain

きました!えびワンタン!

f:id:ayayacha:20180312204557j:plain

スープの中にゴロゴロと雲吞(ワンタン)が入っていてボリューミーです。

青菜がアクセントになっています。

スープは、鶏ガラ出汁で薄口醤油のサラッとしたタイプで飲みやすかったです。
雲呑を引き立たせる薄口のスープですね。

f:id:ayayacha:20180312204600j:plain

雲呑は、とろけるような皮でツルツルと喉越しの良い食感で美味しいです。
ひとつひとつの雲呑は、大きめで俵状の形状をしています。
中の餡は、豚の挽肉が入っていてプリプリです。
f:id:ayayacha:20180312204611j:plain

プリプリの海老が出てきました!!

エビちゃんですよ~。

f:id:ayayacha:20180312204614j:plain

次は、やきぶた御飯です。

叉焼と長ねぎ、チンゲンサイを炒めてごはんの上にのせたシンプルな感じですね。

別々に食べようと思ったら、ご飯と混ぜてね。と店員さんに言われました。

まぜまぜします。

 

 f:id:ayayacha:20180312213944j:plain

普通のご飯の上に細切りのチャーシューときざんだネギが甘いダレとご飯をぐちゃぐちゃに混ぜて食べる。
チャーシューにしみこんだ甘いうまみとネギの甘い感じがすごくご飯全体とマッチして美味しいんです✨

f:id:ayayacha:20180312213944j:plain

美味しい!これは、男性は好きでしょう!

 f:id:ayayacha:20180312213940j:plain

 

ワンタンもタップリで、ご飯も食べて満足!と思ったら、親戚が、ランチをハシゴするよ!と。

ウソでしょ~。と思いつつ、この日は、ランチをハシゴしました。(おいおい)

また別の記事で書きます。

 

スポンサーリンク