東京・横浜グルメ散歩日記👣

~40代がに股んたぼが東京・横浜のグルメ散策、たまに妊活するブログ~

みなとみらい夢クリニック 体外受精2回目 D14 採卵+体外受精 

採卵日となりました。

採卵は8時10分との指定で、1分前に病院へ。

ギリギリ。

夫は今日は、お休みがとれたので一緒に病院へ。

帰りに美味しいランチでも食べに行こうかねぇ。

夫が別室に呼ばれました。

メンズルームへ行っちゃった!

 

その後、私も番号を呼ばれ別室へ。

湯たんぽ、渡されました。

寒いしね。

ベッドの足元に置くようかな。

 

手術着に着替え、トイレも済ませ、頭にシャワーキャップみたいなものもかぶります。
手術室に呼ばれ、私の名前と生年月日が連呼される中、先生が入ってきました。

今日は、培養士さんたちの中に男性もいました。

卵を受け取るのに培養士さんも、同室にいたりします。

男性がいると、こちらが申し訳ない気がしてしまいます。

あんな現実見たくないよね。すごい格好で採卵するしね。

大丈夫かな。

医者でなくても、慣れるのかな。

なんだか、違うこを考えつつ。

採卵の準備へ。

 

消毒して、排卵してないかチェックして。

 

採卵が始まります。
いつものようにベテラン看護師さんがそばについてくれて、真横にあるモニターを説明しながら見せてくれます。

そうそう!今日は、いつもの担当医の先生ではなかったんです。

そのせいか、痛みが半端なかった~。

いつもの担当医の先生がいいなぁ~。
卵胞に針が刺さって、チューと吸い取られて卵胞が縮み卵胞がなくなっていきます。

グイグイをお腹をおしてきます。

痛い、痛い。

針もグイグイ。

痛いかも。

でも、耐える。

重たい生理痛よりは、ぜんぜん痛くないですよー。

私は、子宮内膜症あったので、あの時の痛みに比べたら何にも痛くないです。

今日は、2つの卵胞からとりました。

卵子ちゃんがいるのに、自然妊娠できない。

不思議ですね。

看護師さんが手を握って励ましてくれ、肩をさすってくれたりしました。

あっという間に終わりました。

最後止血してもらい、ベッドで20分だけ休み、看護師さんが説明に来てくれます。 

 

トイレで止血のガーゼを抜き、着替えて終了。

今日は、少しだけ腹痛があるなぁ。

出血も、いつもより多い!!

ガーゼも、いつも1枚なのに今日は2枚です。

出血が多いよ。。。。

激しい運動と湯船は禁止です。

待合室に戻ると、夫は爆睡。

ソファーがね、寝心地いいよね。

寝れてよかった。

今日も、夫くんは幸せそうだ~。

 

内診があり、止血の確認。

診察室で、卵子ちゃんの説明です。

今回の卵子ちゃんは、2個です。

2個とも第一極体放出している卵子ちゃんで、成熟しているので全部の卵を体外受精へ持っていくことになりました。

顕微授精は、今回は無しです。

移植の日に仕事を休めないため、胚盤胞になったら凍結するとのこと。

2日後に受精状況の確認の電話をしてね。と言われ、病院をあとにしました。

病院を出たら、不妊治療のことを忘れて、頭の中は、ご飯!

この切り替え、精神的にとってもいい気がします!

 

 

診察代金

なし(次回に全額支払う)

 

1日3回 3日分

セフカペンピボキシル塩酸塩

感染症予防

 

1日2回 12日分

1回につき

プレマリン:2錠

ヒスロン:1錠

※次の採卵に向けての調整のため

 

次回は、薬で調整しているので、18日後に来てね。とのことでした。

それが生理3日目にあたるみたいです。

プレマリン+ヒスロンは、採卵日の翌日から飲みます。

本当は、飲みたくないです。。。( ;∀;)

スポンサーリンク