東京・横浜グルメ散歩日記👣

~40代がに股んたぼが東京・横浜のグルメ散策、たまに妊活するブログ~

沖縄旅行【4泊5日】 5日目(沖縄最終日)「旧海軍司令部壕」 戦跡めぐり編 ~那覇空港から車で15分~

沖縄に来ると、必ず、どこかの戦跡めぐりをします。

今回は、3回目の訪問となる旧海軍司令部壕に行きました。那覇空港から車で約15分の場所にある旧海軍司令部壕。

70年以上も前にツルハシやスコップを使って掘ったこの壕が、当時の様子をありのまま、私達に伝えてくれます。

 

旧海軍司令部壕

住所:沖縄県豊見城市豊見城236
電話番号:098-850-4055

 

那覇空港から15分ほど、車を走らせると着きます。

ここの駐車場は無料です。

ビジターセンターです。

f:id:ayayacha:20171103053218j:plain

チケットを購入します。

f:id:ayayacha:20171103053110j:plain

資料館の入り口です。

f:id:ayayacha:20171103053115j:plain

司令官は太田實少将でした。

f:id:ayayacha:20171103053227j:plain


旧海軍司令部壕の司令官であった大田實少将はじめ幹部6名は、米軍の猛攻に昭和20年6月13日夜半、拳銃自決を遂げました。

大田少将が海軍次官に宛てた、沖縄県民の献身的作戦協力について訴えた電報が残っています。

沖縄県民かく戦えり、後世特別のご高配を賜らんことを」現代語に訳すと、「沖縄県民はこのように戦い抜いた。県民に対し、後程、特別のご配慮を頂きたくお願いする。」という電報を残して自決なさいました。

 

壕入口です。

f:id:ayayacha:20171103053120j:plain

旧海軍司令部壕見取図です。

全ての命が尊ばれる世界になりますように。

考えさせられます。

f:id:ayayacha:20171103053124j:plain

 

壕入口階段です。

105段、20mほどの階段を降ります。f:id:ayayacha:20171103053231j:plain

 約4000人の兵士が収容されていました。現在は300mが復元されました。

f:id:ayayacha:20171103053200j:plain幕僚室です。

 

f:id:ayayacha:20171103061845j:plain

榴弾の弾痕です。

f:id:ayayacha:20171103061820j:plain

 

f:id:ayayacha:20171103061850j:plain

つるはしを使って、人の手で掘られました。

このつるはしで、こんなに大きなトンネルを掘ったんですね。

f:id:ayayacha:20171103053148j:plain

 旧海軍司令部壕の中枢です。

f:id:ayayacha:20171103061830j:plain

壕出口です。

f:id:ayayacha:20171103053205j:plain

とても、考えさせられました。

 

この後は、沖縄のアウトレットに行き、レンタカーを返し、空港に戻りました。

スポンサーリンク